TOP > 地区協会からのお知らせ

地区協会からのお知らせ

最近の記事

小中高合同練習・コーチキャラバン開催!日向地区協会

2017年の幕開けとして1月9日(成人の日)、日向市サンドーム日向にて小中高合同練習並びにコーチキャラバンが催されました。この日、会場には日向ラグビースクール及びジュニアスクール、富島中学校、日向高校のラガーマン約75人、それぞれのコーチ約25人。総勢約100人が集まりました。庄司理事長のあいさつ後、中学生と高校生は黒木コーチのもと小グループに分かれグリット内でパスのスキルバリェーションから中抜きパス、2対3、3対4などのアタック&デフェンス。FB、BKに分かれてのリフティングやA&Dまで気持ちの良い汗を流しました。最初はぎこちない中高生でしたが、教え教えられることで互いにスキルアップしていく様子がありました。
小学生は丸田コーチの指導にてウォーミングアップからパスワーク、コンタクト、モール・ラックでのボールの確保などの基本的スキルやゲームなど楽しく学びました。午前中、思いっきり動いた後は富島中学校ラグビー部保護者による炊き出し、豚汁ともつ汁をお腹いっぱいいただきました。約500食分準備した汁物があっという間になくなりました。ご指導いただいた先生、コーチの皆さまありがとうございました。富中ラグビー保護者の皆さま美味しい炊き出しごちそうさまでした。
日向市ラグビー協会 黒岩

  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会
  • 宮崎県ラグビーフットボール協会

固定リンク | 2017年01月10日【67】

タグラグビー教室開催!!

平成27年11月23日(月)に日南市の防災公園にてタグラグビー教室を開催しました。

日南少年ラグビースクールの生徒以外も多数お集まり頂きありがとうございました。

固定リンク | 2015年11月23日【66】

宮崎地区ラグビー祭 多彩イベントに300人盛り上がる

 第68回宮崎市民体育大会を兼ねた第29回宮崎地区ラグビー祭が9月13日、宮崎市赤江の山内川緑地公園ラグビー場で盛大に開かれました。幼児から赤パンツの大ベテランまで約300人が参加。今年はメーンのタグ・ラグビー大会をはじめ、ミニとタグ合同の体験会やタッチラグビーの体験会やデモンストレーションもあり、多彩なイベントで盛り上がりました。
 メーンのタグ・ラグビー大会には、宮崎ラグビースクールの幼児から小学生、さらに住吉南小、福島小(串間)からも参加してくれました。また、宮崎ラグビースクールの保護者チーム、宮崎クラブの「お笑いチーム」もエントリーし、大会を盛り上げてくれました。タグの小学生はスペース感覚やパスに走り込むことを意識しており、ラグビースクールの子供たちにも大きな刺激になったようです。これからもタグとミニラグビーの交流を進め、子供たちを伸ばしていってほしいものです。
 体験会は、宮崎市内の小学生に呼び掛け30人を超す子どもたちが集まってくれました。スクールの指導者や県小学委員会のタグ指導者が、優しく丁寧にラグビーの楽しさを指導。初めてラグビーボールに触った子どもたちも、スクール生やタグの選手とすぐに打ち解けて、夢中でボールを抱えて走り回っていました。この中から、新しい仲間も生まれることでしょう。
 タッチラグビーでは、世界選手権出場の経験もある畑迫一毅氏(宮崎市役所)に協力していただきました。講師として、遠くは東京から畑迫氏の仲間が15人ほど集まってくれました。宮崎クラブの若手や小学生だけでなく、スクール生のお母さん方も積極的にチャレンジ。スピード感がある展開に、新たなラグビーの魅力をみつけたようでした。また、ラグビー祭の最後に行ったデモンストレーションでは、試合を終えた高校生も挑戦。「講師陣チーム」に若さで対抗しましたが、講師の方々は華麗な展開力を披露し高校生チームを圧倒。会場を沸かせていました。
 今年はシルバーウイークの関係で、体育祭と重なったため中学生は不参加。その分、高校生がはつらつとした試合を見せてくれました。10月下旬からの花園予選に向けて、これから一段とたくましくなってくるでしょう。また、未惑が今更(高鍋)を迎え撃ったオーバー60歳(赤パンツ以上)の試合では、年齢を感じさせない動きに会場からも拍手。暑い中、お疲れ様でした。
 最後は全員で「じゃんけん大会」。県出身のトップリーガーから提供していただいたグッズや、宮崎市で合宿していた日本代表メンバーのサイン入りレプリカジャージーなど、豪華景品にみんな大喜び。お目当てのジャージーを手にした子どもたちは、笑顔がはじけていました。
 
 残暑厳しい中、最後まで多くの方に会場に残っていただきありがとうございました。遠路より参加いただきました今更クラブの方々をはじめ福島小の皆さん、選手たちに付き添って頂いた保護者の方々、また、うどん販売で出店いただいた東京庵様、ドリンク販売のスマイル・シェアリング様、キッチンカーを出店いただきました「DOUBLE」様、ラグビー祭にご協賛いただいた皆様のご協力に感謝申し上げます。   

固定リンク | 2015年09月16日【65】

宮崎RSがV奪還 第7回宮崎オーシャンライオンスクラブ旗ジュニアラグビー大会

 中学ラグビーの「第7回宮崎オーシャンライオンズクラブ旗ジュニア大会」が5日、宮崎市赤江の山内川緑地公園グラウンドで行われました。東海中、富島中、高鍋西中、檍中、住吉中、宮崎RS、延岡・日向・都城RS合同、鹿児島県から鹿児島Jr、ライジングサン鹿児島の9チームが参加し、3チームに分かれての予選リーグ、決勝リーグ(勝ち点制。勝ち3点、引き分け1点、4トライ差以上の勝利1点)で優勝を争いました。決勝リーグでは宮崎RSが2勝を挙げ、第1回大会の優勝を果たしました。
 新学年となったばかりで各チームともまだまだチームプレーが整備されていない段階ですが、新チームでの戦力を確認する意味では絶好の機会。そんな中、宮崎RSは走力とディフェンス面で一つ抜けていた感がありました。予選リーグ各パート1位で争った決勝リーグでは、宮崎RSが昨年の覇者・鹿児島Jrを21-5、延岡・日向・都城RS合同を19-0で下しました。宮崎RSは予選リーグ、決勝リーグ通じて失トライは2と、堅いディフェンスが光りました。また、各チームともボール際のへの執着、激しいコンタクトプレーと、勝利への執念が感じられました。この大会をステップに、ひとつ上を目指して練習に励んでほしいものです。
 今回より、宮崎オーシャンライオンズクラブ様と宮崎地区協会の共催となりました。選手約170人をはじめ、保護者の方々など総勢300人を超すほどの盛大な大会となりました。来年は、さらに参加チームが増えて活気あふれる大会にできるよう、主催の宮崎地区協会としても取り組んでまいります。
 最後に、宮崎オーシャンライオンズクラブ様のご理解とご協力をはじめ、参加いただいた各チームの選手、関係者の皆様に厚くお礼を申し上げます。


  【成績】
 ▽予選リーグAパート=宮崎RS43-0東海中、宮崎RS10-5富島中、富島中12-5東海中
  ゝ楮RS2勝(勝ち点7)富島中1勝1敗(3)E豎っ2敗(0)
 ▽予選リーグBパート=鹿児島Jr21-0檍中、鹿児島Jr12-7高鍋西中、高鍋西中12-0檍中
  ー児島Jr2勝(勝ち点6)高鍋西中1勝1敗(3)檍中2敗(0)
 ▽予選リーグCパート=延岡・日向・都城RS合同15-0住吉中、延岡・日向・都城RS合同14-0ライジングサン鹿児島、ライジングサン鹿児島48-0住吉中
   ̄箍・日向・都城RS2勝(勝ち点6)▲薀ぅ献鵐哀汽鷦児島1勝1敗(4)住吉中2敗(0)

 ▽決勝リーグ1位パート=宮崎RS21-5鹿児島Jr、宮崎RS19-0延岡・日向・都城RS合同、延岡・日向・都城RS合同17-14鹿児島Jr
  ゝ楮RS2勝(勝ち点6)延岡・日向・都城RS合同1勝1敗(3)鹿児島Jr2敗(0)
 ▽決勝リーグ2位パート=高鍋西中19-0富島中、ライジングサン鹿児島17-7高鍋西中、富島中10-5ライジングサン鹿児島
  々眛蘋消1勝1敗(勝ち点4)▲薀ぅ献鵐哀汽鷦児島1勝1敗(4)I拇臙1勝1敗(4)※順位は得失点差による
 ▽決勝リーグ3位パート=檍中17-14東海中、檍中37-0住吉中、東海中34-5住吉中
  +中2勝(勝ち点7)東海中1勝1敗(4)住吉中2敗(0)

 ▽最終順位ゝ楮RS延岡・日向・都城RS合同鹿児島Jrす眛蘋消罩ゥ薀ぅ献鵐哀汽鷦児島ι拇臙罩к中東海中住吉中

固定リンク | 2015年04月07日【64】

宮崎地区ラグビー祭 400人で盛り上がる

 第66回宮崎市民体育大会を兼ねた第27回宮崎地区ラグビー祭が9月8日、宮崎市赤江の山内川緑地公園ラグビー場で盛大に開かれました。今年は中学、高校の試合に加えレディースのセブンズが花を添えてくれました。また、タグ・ラグビー大会を行い、老若男女で楽しめるラグビー祭となりました。
 メーンのタグ・ラグビー大会には、宮崎ラグビースクールの幼児から小学生、さらに住吉南小、財光寺小(日向)、都城東小(都城)、福島小(串間)からも参加してくれました。また、宮崎ラグビースクールの保護者チームもエントリーし、大会を盛り上げてくれました。タグの小学生はスペース感覚やパスに走り込むことを意識しており、ラグビースクールの子供たちにも大きな刺激になったようです。これからもタグとミニラグビーの交流を進め、子供たちを伸ばしていってほしいものです。
 中学生は新チームとなり、宮崎ラグビースクールと檍中・住吉中の合同チームが対戦。それぞれ2年生は新チームを背負う意気込みが感じられ、1年生もボールに食らいつく執念を見せてくれました。高校は体育祭と重なった学校が多く宮崎北、宮崎西、宮崎工、宮崎南・宮崎農・本庄の合同チームが参加。力強く溌剌としたプレーで会場を熱くしてくれました。女子は宮崎レディースと大分ウイメンズ(大分)を招待。セブンズ2試合を披露してくれました。男子顔負けのスピード、コンタクトで会場を沸かせてくれました。タグの女子選手が興味深げに試合を見つめていたのが印象的でした。大分ウイメンズの皆さんには、タグ・ラグビーに飛び入り参加していただきました。住吉南小の女の子たち、さらに九州トップクラブBリーグの宮崎クラブとのエキシビションマッチで会場を沸かせてくれました。
 オーバー40の未惑クラブ、宮崎クラブとも、今回は試合がなく大会運営の裏方で頑張ってくれました。ラグビーグッズがプレゼントされた宮崎クラブのジャンケン大会は、子供たちも大喜びでした。
 残暑厳しい中、最後まで多くの方に会場に残っていただきありがとうございました。遠路より参加いただきました大分ウイメンズ様をはじめ、財光寺小、都城東小、福島小の皆さん、選手たちに付き添って頂いた保護者の方々、また、うどん販売で出店いただいた東京庵様、ラグビーグッズ販売のサザンラガー様、ドリンク販売のスマイル・シェアリング様、ラグビー祭にご協賛いただいた皆様のご協力に感謝申し上げます。   

固定リンク | 2013年09月15日【63】

1  |  2  |  3  |  4  |  5    »    [14]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭に戻る



©Miyazaki Rugby Football Union 宮崎県ラグビーフットボール協会 All Right Reserved.